カンタータプロジェクト:小沼和夫

sonicbird.exblog.jp ブログトップ

カンタータプロジェクト2019 - ドイツ語歌唱練習開始

 カンタータプロジェクト2019、福岡側声楽アンサンブルの練習は6月から始まりました。現在のところまだバッハは歌わず、シューベルト:野ばらD.257でドイツ語歌唱のトレーニングをしています。

c0220624_20425942.jpg

 浅い日本語風の響きから離れ、ドイツ語特有の、深い、豊かな響きを作り出すと同時に、ドイツ語を歌いながらも、自在なアーティキュレーションが可能となることが目的です。そしてそのための第一の目標は、実は「レガート」なのです。


 アーティキュレーションの代表格はスタッカートでしょう。スタッカートは「分離した」を表わすイタリア語で、短いアーティキュレーションを表わす楽語として用いられています。理屈上は次のように理解されます。

c0220624_20445417.jpg

 けれどもブツ切り状態でスタッカートを演奏するのは美しくありません。余韻まできれいにコントロールされたスタッカートこそ美しいスタッカートです。またスタッカートには「鋭く」という意味はありません。「丸いスタッカート」も存在します。つまりスタッカートは多彩なのです。

c0220624_20465066.jpg

 そしてそのスタッカートを美しく響かせるためには、余韻部分を自在にコントロール出来る技術が必要とされます。

c0220624_20481265.jpg

 ということは、まずレガート歌唱ですね。そしてレガートはスタッカートに限ったことではなく、あらゆるアーティキュレーションにとって共通の基礎なのです。

c0220624_20490722.jpg

 ところがドイツ語のレガートは極端に難しいのです。要求される技術は、次の二点です。


  ⅰ.ドイツ語の母音を修得し,滑らかに移り変わらせる.

  ⅱ.母音のレガートを阻害せずに子音を際立たせる.


 これを練習していきます。



1.ヴォカリーゼ(母音歌唱)


 子音なしで滑らかに歌えることは、どう考えてもレガート歌唱には必須です。ヴォカリーゼ(母音歌唱)のための第一歩は、「よく響く母音を作ること」です。図のように「o」の口の形を基礎として母音を作っていくと、ドイツ語の母音の大半を網羅することが出来ます。「o」を基本とすることは、深い響きを維持するだけでなく、響きを逃がしにくくします。

c0220624_20511551.jpg

 「o」から、口の開きの横幅をあまり拡げないで他の母音を作る練習をします。例えば次の「o→a」のようにです。このときに注意することは、作った他の母音を耳で確認しないことです。私達が持っている耳は日本人の耳なのですから、耳で聴いて満足出来る「ア」に修正していけば、母音は日本語化してしまいます。ともかくセオリーどおりに口を変化させていくことです。

c0220624_20515551.jpg

 尚、長母音の「i」や「e」は、響かせるのが難しい母音なので、個々人の声楽技法の習熟度に応じて対応していきます。


 さてレガートです。レガートとは、言葉を変えて言うならば、「一音符のように聴こえる複数音符」です(図解はポルタメントを意味するものではありません)。

c0220624_20530446.jpg

 この認識に基づいて、次のように母音歌唱を試みます。

c0220624_20534488.jpg

 このときに注意することは、ⅰ.口の動きを出来るだけ少なくする、ⅱ.動かすときは滑らかにうごかす、ⅲ.母音の縦の響きを保つ、の三点です。


 「野ばら」の最初の2小節には、これらを実行するための障害となる落とし穴が三箇所あります。


 第1の落とし穴は、「ai」と発音される「ei」の複母音です。この複母音の第2の母音「i」をしっかり発音してしまうと、咽喉が上がり、響きが落ちてしまいます。「a」の形に口の開きを保ったまま、瞬間的に、けれども柔らかく「i」を発音します。


 第2の落とし穴はウムラウトです。ドイツ語のウムラウトは、分母の位置に書かれた母音の口の形で「e」を発音する記号です。日本人がウムラウト発音の成否を判定する際、大抵は結果としての原母音と「e」との混じり具合を聴いて判断します。これは一種の結果論で、少なくとも音楽的には間違った評価基準です。最も大切なものは「o」の口の形です。 "Röslein"はあくまでも"Rose"の縮小名詞なのであって、"Roslein"と"Reslein"とのミキシングではないのです。特にパート複数の合唱の場合、"Roslein"と発音する者がいても全体としては"Röslein"と聴こえますが、1人でも"Reslein"と発音する者がいるならば、全員が「レースライン」という片仮名発音をしているように聴こえてしまい、致命的です。

 尚、「o」の口の形を重視するならば、前の小節全体の「a」の口の形から、滑らかに移り変わることが出来ます。もちろん咽喉が上がり、響きが落ちるという現象も防げます。

c0220624_20544313.jpg

 第3の落とし穴は"stehn"の「e」です。この「e」は長母音です。長母音に関しては、声楽技法に習熟する以外に歌いこなす方法はありません。合唱の中で、短期間で歌いこなさなければならない場合、口の形や発音・発声の位置を出来るだけ前後の音節から変えず、「e」に近い発音を試みるしかありません。無理に正式な長母音を発音しようとすると、咽喉が上がって響きが落ち、第三者には日本語にしか聴こえない発音になってしまいます。


 これで最初の2小節は、母音のみながらも完全なレガートで歌うことが出来ました。同様の方法で全体をレガートで歌う練習をすれば、「野ばら」の母音唱法によるレガートは完成したことになります。



2.子音の練習


 鋭い子音を持った言語であるドイツ語を歌う際、「子音を際立たせて歌詞の内容を伝える」と「滑らかなレガートを歌う」という矛盾する要件を満たす必要があります。そのためには口腔内での子音の発音部位と、子音発音のタイミングとが、母音から切り離されていなけれぎなりません。

 ところが日本人は子音と母音との切り離しに慣れていません。現代日本語は、子音と母音とが分離していない言語だからです。

c0220624_20553654.jpg

 つまり日本人の発音習慣をそのままにドイツ語を歌うならば、子音が際立たせられる度に母音まで強められてしまうため、各音符にはアクセントが付いてしまいます。

c0220624_20561177.jpg

 ドイツ語では母音は滑らかにつなげられたまま、子音を差し挟んでいくことが可能です。

c0220624_20565489.jpg

 そのためには、まず子音と母音とを切り離す練習が必要です。最も分かりやすいのはT行の発音です。日本人にとってかなり難しい子音ですが、それだけに違いが意識しやすいのです。上口蓋に当てた舌先を歯をかすめながら一気にリリースする子音です。次の表のように日本語のタ行と比較対照しながら、ちょうど日本語に慣れていないイギリス人が発音したタ行のよう発音出来れば良いでしょう(T行の見本は、実はイギリス人が最適です)。

c0220624_20575048.jpg

 「ta」を例に取るならば、「t」が鋭く、しかし強くなく発音出来、しかも「t」と「a」の間隔を自由に取れれば、それ以外の子音の修得は容易でしょう。

c0220624_20583070.jpg

 こうして作った音節頭の子音を拍の前に出して発音します。あるいは次の譜例のように、「音節頭の子音は、前の音節の末尾に発音する」と考えると実行しやすいかも知れません。

c0220624_20590925.jpg

 このようにしてドイツ語のレガート歌唱を練習しています。単にドイツ語の発音練習をするだけでは、ドイツ語は歌いこなせません。関係した各要素を分解して、構成し直すことによって、より豊かな響きと表現力を手にしたいと考えているのです。そしてそれらをバッハに応用していく予定です。

c0220624_20594957.jpg



[PR]
# by TheSonicBird | 2018-07-24 21:03 | ● 演奏会情報 | Trackback | Comments(0)

カンタータプロジェクト 2017

c0220624_2265388.jpg

 バッハは、現存するだけでも約200曲ものカンタータを書き残しています。その多くは交響曲の名作と同等以上の価値を秘めた音楽遺産ですが、もともとは演奏会場のために作曲された音楽ではないために、日本では非常に稀にしか演奏されていないのが実情です。これらのカンタータを、作曲された時代の響きで蘇らせ、その美しさをお伝えしたいというのが「カンタータプロジェクト」です。

 第1回は「復活への道」と題しました。それは復活祭に向かう1週間の音楽を曲目としているという意味と、以前「カンタータプロジェクト」という名称で、やはり古楽器アンサンブルと小合唱という形で2回行なった同種企画の「復活」という、二つの意味あいを意図しています。

 まだまだ手探りの部分もありますが、そういった部分が年々成熟度を高めていく過程を含めて、楽しんでお付き合いいただければ幸いです


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2017年5月22日(月)19時開演
あいれふホール
全席自由 前売3,000円,
当日3,500円
(チケットは最下段の「チケットぴあ」「ローソンチケット」のバナーからどうぞ)

J.S.バッハ:カンタータ
「天の王よ,ようこそ来ませ」
BWV182

T.L.ビクトリア:
聖週間のレスポンソリウム集より
第1,第2.第8.第18曲

J.S.バッハ:カンタータ
「キリストは死の縄目に付きたまえり」
BWV4

丸山晃子(ソプラノ),佐々木ひろ子(アルト)
江川靖志(テノール),中島敬介(バス)
カンタータプロジェクト声楽アンサンブル
カンタータプロジェクト古楽器アンサンブル(大坪由香,片田江智子,廣末真也,松隈聡子,上山文子,重松恵子,福田のぞみ)
指揮:小沼和夫

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

c0220624_2216197.jpgc0220624_22172797.jpg

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

チケット購入のご案内です

c0220624_22224681.jpg

c0220624_2223542.jpg


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


  
[PR]
# by TheSonicBird | 2017-04-08 15:45 | ● 演奏会情報 | Trackback | Comments(0)

カンタータプロジェクト2017広告

c0220624_15102493.jpg

カンタータプロジェクト2017「復活への道」の広告が福岡EU協会会報誌に掲載されます。チラシも今後いくつかの演奏会で配布予定です。是非ご覧ください。

尚、チケット取扱いの「文化芸術情報館アートリエ」は、4月3日から福岡県消防会館に移転の予定で、移転に伴って3月27日から4月2日まで取扱いを休止するとのことです。移転作業の遅延などもあり得ますので、チケット購入をご希望の方は電話(092-281-0081)にてご確認ください。

ゲラ刷り確認・校正が終わって数日後にアートリエ移転の連絡が入ったのですが、大急ぎでEU協会に電話したところ、文化芸術情報館アートリエの現在地「(リバレイン7F)」を削除していただけるとのことです。助かりました。


 
[PR]
# by TheSonicBird | 2017-03-10 15:06 | ● 演奏会情報 | Trackback | Comments(0)

アウフタクトと接頭辞

カンタータプロジェクト次回練習の目玉は、第182番の終曲中間部です。ダ・カーボ合唱曲の中間部が異様に美しいという異色の作品です。

c0220624_3242010.jpg

この美しい中間部を演奏する際に気を付けていだたきたいのは発音、特に子音の位置です。前回の練習でも子音に関する質問が出ていました。音符と歌詞との関係は次の楽譜のとおりです。旋律は先に進むに従って変形していきますが、リズムと歌詞の関係は変わりません。

c0220624_3262895.jpg

この旋律をどのようなアーティキュレーションで歌いたいかというと、次の譜例のようになります(楽器のアンサンブルはやや異なったアーティキュレーションで演奏します)。

c0220624_32754.jpg

問題の単語は "voran"です。"vor"という接頭辞と"an"で出来ている単語です。接頭辞と後続音節は、通常はアウフタクトと強拍の関係にあります。やや跳ねるようにアウフタクトから強拍に向かっていくのです。

c0220624_3284582.jpg

ところが後続音節の頭が母音の場合、接頭辞の最後の子音は、後続音節の頭の母音と融合して発音されます。"hinein"、"herein" が、"hin-ein"、"her-ein"ではなく、"hi-nein"、"he-rein"と発音されるようにです。"voran"も同じように、"vor-an"ではなく、"vo-ran"と発音されます(楽譜には単語の構造に従って、前者の区切りで書かれます)。これを単純に歌えばレガートになってしまいます。それではアクセントの位置がずれて、シンコペーションになってしまいます。

c0220624_3292069.jpg

そこで次のような注意が必要になります。まず"r"の位置は、次の拍のぎりぎり直前です。音節末の子音は基本的にそうですが、それ以上に次の母音の前打音的なイメージを持ってください。

c0220624_3303814.jpg

けれども"vo"はそこまで音を保っているのではなく、"r"を発音する時点では減衰し切って、ほとんど消えかけています。
c0220624_3311838.jpg


難しいのは"an"がメッサ・ディ・ヴォーチェ(※)で歌われることです。"a"は薄く、柔らかく立ち上がるので、"r-an"ではなく、"ran"と聴かせるのが難しいのです。かと言って"r"が次の第1拍に来てしまっては日本語に聴こえてしまいます。充分な練習でコツを掴むことが必要でしょう。
c0220624_3314487.jpg


"voran"の"an"の部分は常にハモる部分でもあり、ピッチに関しても充分な注意を払い、きれいなメッサ・ディ・ヴォーチェを聴かせてください。
c0220624_3330100.jpg



※)メッサ・ディ・ヴォーチェ(messa di voce)
メッサ・ディ・ヴォーチェは、厳密には強弱表現ではなく、18世紀イタリアの声楽トレーニング技法を指す用語です。フェルセットから実声に至り、再びファルセットに戻るというものがそれです。ただしメッサ・ディ・ヴォーチェとは名付けられていないものの、同様の強弱法がより古い時代の声楽技法(Giulio Caccini,Christoph Bernhard - ただしカッチーニは「よく聴かれるが好きではない」と記述している)に「p - f - p」などと記されています。またこれらの強弱法は、器楽演奏にも移植されています。そこで広義には圧迫感を伴わない、音符内での滑らかな弱強弱移行と考えてよいでしょう。
[PR]
# by TheSonicBird | 2017-03-10 03:37 | ● ピリオド奏法 | Trackback | Comments(0)

カンタータプロジェクト2017

c0220624_2235421.jpg

[PR]
# by TheSonicBird | 2016-11-06 21:36 | ● 演奏会情報 | Trackback | Comments(0)

現代から遡って過去の作品に至るのではなく、ルネッサンスから下って来てバロックや古典に至る。それが私の視点です。そのために自分の感性や人格を改造し続けています。その過程に共感していただければ幸いです。


by TheSonicBird
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30